悠Uサンルーム 屋根仕様の紹介 ⑥一部遮熱屋根(オプション)

オプションとして、お客様の様々なニーズにお応えしています。

悠Uサンルームの基準屋根仕様は強化ガラス(厚さ5mm)とツインカーボヒートカット(厚さ10mm)ですが、屋根の一部を遮熱・断熱仕様にすることができます。

 

 
広いスペースのウッドデッキも併設させていただきました。
既存建物の南西部への設置ということで、明るさよりも遮熱重視。とはいえ、入り隅部への設置ということで、その一番奥まったところから採光したい、とのご要望で設計しました。

 

 

 

遮熱仕様部分はツインカーボヒートカットの替わりにアルミ樹脂複合板、木組下地、断熱材(グラスウール)、アルミ樹脂複合板を使用しています。

冬は大きな窓から斜めの角度(30°~)で日が射し明るく暖かい。夏は屋根の多くが遮熱仕様としてあることで、角度的(~80°)に灼熱の太陽熱は避けられるということになります。
お客様を訪ねてくる友人の方からは、「すごく明るくてステキ。思ったより涼しい。」と喜ばれているとのことです。

 

季節によって日の当たり方が大きく違います。

 

 
お客様からはこの後、別の場所への悠Uサンルームの設置をご依頼いただき、都合2棟を設置させていただきました。
製作者冥利につきます。感謝です。

←2棟目の悠Uサンルーム。
こちらの屋根は基準仕様です。